結婚式のプロフィールムービーで感謝の気持ちを伝える京都エタニティ

ご注文のアイコンご注文

2020/04/20

【プロフィールムービー最新作】Official髭男dism「115万キロのフィルム」

【プロフィールムービー最新作】Official髭男dism「115万キロのフィルム」のイメージ

ドラマ主題歌に起用されるなど、今大注目の山陰発のピアノPOPバンドOfficial髭男dism。

愛称「ヒゲダン」の人気楽曲「115万キロのフィルム」を使用したウェディングムービーをご紹介します。

プロフィールムービー版

プラン詳細はこちら

オープニングムービー版

プラン詳細はこちら

ウェディングソングとして注目を集めている「115万キロのフィルム」

タイトルの“115万キロ”とは一生「思い出」「記憶」を映画に例えており、そのフィルムの長さのこと。

1曲を通じて1本の映画を撮影しているかのような仕上がりとなっており、まるで新郎と新婦の「思い出」や現在から未来を物語っているかのような楽曲。

「さあ、これから生まれる名場面を探しにいこうよ」

「撮影を続けようこの命ある限り」

と、ラストの歌詞も印象的です。

このムービーの一番のこだわりは「冒頭シーン」

映画のフィルムをセッティングするシーンから映写機を動かすところでタイトルイン。

そして、新郎様と新婦様お二人が大きなカチンコと共に壁に映し出されたかと思うと、今からフィルムの映像が始まる合図。

お二人が画面いっぱいに登場します。

写真をキリトリ作ることで、まるでスクリーンの中にいるような様々な仕掛けを沢山に詰めこんだ演出になっています。

また「115万キロのフィルム」にちなんで、カメラのイラストを使用したデザインやフィルムのアニメーションをつけているのもこのムービーならではの魅力です。

冒頭では、新郎新婦の全身を切り抜いて合成しています

最近ではCMソングとしても起用されるなど、新郎様・新婦様はもちろん、招待される列席者の皆様も一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

披露宴での話題性は間違いなし!

今イチオシのムービーとなっております。