結婚式のプロフィールムービーで感謝の気持ちを伝える京都エタニティ

結婚式お役立ちブログ詳細

2020/10/01

【10/1更新】新型コロナによる結婚式延期の方への対応・今後の傾向と対策

【10/1更新】新型コロナによる結婚式延期の方への対応・今後の傾向と対策のイメージ

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためイベントや披露宴を開催するにあたり、ソーシャルディスタンスを行い当日の対策を考えなければいけない昨今の情勢から、予定通りの日程で進めるか延期をするかの決断をされている新郎新婦様は多数いらっしゃると思います。

京都エタニティにも延期が決まったお客様からの問い合わせをいただいております。

  • 納品後に延期が決まったお客様
  • ・注文が完了し、ムービーの制作段階で延期が決まったお客様
  • 注文を検討されているお客様

それぞれお客様のご希望に沿えるように京都エタニティでは以下の対応を行っております。

納品後のお客様

完成データの保管期間は、挙式後(最初の挙式日)より1ヶ月となりますので、延期が決まられたらすぐにご連絡をお願いします。

すでに納品が済んでいるお客様には「挙式日の変更」をして「式場で上映されるDVDの再納品」の対応を行います。日本郵便ゆうパックの着払いにて発送とさせていただきますので送料のご負担をお願いいたします。

※日付以外に、お客様都合による写真やメッセージの変更がある場合はDVD代+送料+代引手数料のご負担をいただきます。

※式場で上映されるDVD以外の、焼き増しDVDやBlu-rayをご希望の場合は、ご希望のディスク代+送料+代引手数料のご負担をいただきます。

注文が完了し、ムービーの制作段階で延期が決まったお客様

第一案確認ムービーをご覧いただいているお客様

修正として日付の変更を行います。延期によるメッセージや写真の差し替えも承ることが可能です。

第一案確認ムービーをご覧いただく前のお客様

注文状況を確認し、スケジュールを再調整いたします。

注文を検討されているお客様

延期するか分からず、注文を迷われているお客様もご相談ください。日付変更や削除をお承りいたします。資料請求は無料でお申し込みいただけますので、準備を進めておきたいお客様もお気軽にお問い合わせください。

コロナ禍による結婚式の傾向と対策

一時は比較的少数に抑えられてはいましたが7月末には再び深刻化し、いつ収束するのか分からない日々が続いています。

その中で”結婚式”をどう挙げるべきか、傾向と対策についてまとめてみました。

変わる結婚式の演出

新型コロナウィルスの影響で結婚式の形や演出も変わってきています。

感染拡大を防ぐため密閉・密集・密接を避けるように日本全国で要請されているため、延期や中止を検討、規模の縮小を決断しなければいけない状況にあります。

その中でどんな”結婚式”ができるのか、新郎新婦・ゲスト・式場スタッフが安心して行える演出方法をまとめてみました。

1.お祝いメッセージなどのウェディングムービー

余興など仲間で集まってダンスの練習などすることができないので、それぞれお祝いメッセージを撮りサプライズの演出としてウェディングムービーの需要が高まっています。

撮影をするだけなら自宅でもできるので飛沫などの心配もありません。

弊社にもご相談をいただくことが増えております。

結婚式の規模を縮小される決断をされた新郎新婦のご家族やご友人から、こういったムービーは作れないかと相談を受けることもあります。

内容にもよりますが動画をつないで1本のムービーにするような構成であれば制作は可能です、LINEからご相談ください。

2.感染症対策も行えるアイテムの演出

「メッセージの書けるアクリルパーテーション」

「席札としても使えるフェイスシールド」

楽しみながら感染症対策を行う演出が注目されています。

コロナ禍で人との距離に敏感になっている中で密になりやすい場所で会話するのもはばかられますが、パーテーションやフェイスシールドがあれば楽しく会話も弾みますね。

3.声を出さないゲームやゲスト参加型の演出

「テーブルラウンド」

新郎新婦がゲストテーブルのキャンドルに火を灯したり、新郎新婦が挨拶をしながらゲストのデーブルを回る演出。また、事前にゲストに投票という形で参加していただきドレスの色や結婚式で使用する楽曲を当ててもらうゲームも話題になっています。

「フォトシャワー・フォトシュシュ」

手持ちのスマホで撮影して送るだけのゲスト参加型の演出。
当日は新郎新婦は何かと一息つく暇もないのでこうやって当日の写真がたくさん集まり、披露宴の演出として楽しめるのはいいですね。

大勢が集まって何かを行うのではなくソーシャルディスタンスを保ったまま楽しめるものに人気があるようです。

結婚式での感染リスクを無くすためガイドラインの策定や挙式自体の方式や演出を考えるようになっています。工夫をすることでこれまでのような結婚式の形も維持しつつ新しい生活様式に合わせたものへと変化しています。

不安は大きいと思いますがその中で感染症対策を取りつつ無理のない範囲で結婚式を行う、京都エタニティもそのお手伝いができれば幸いです。

結婚式場の様々なコロナ対策のアイディア

結婚式・披露宴の延期を検討される方も多いですが、ガーデンウェディング等の屋外での結婚式や少人数での結婚式を考える人が多い傾向にあります。

少人数結婚式・親族結婚式・二部制結婚式・フォトウェディング・オンライン結婚式。

これまでとは新しい形の結婚式にはなりますが、ウェディングに携わるすべての方が協力し合い行動しています。

披露宴会場ではマスク着用はもちろん、披露宴は1テーブルの人数を少なくして、隣同士との間隔を取る。ビュッフェは無しにしてアルコール消毒設置や最大限の換気を行うなど、対策も徹底しています。

制限のある中でも人生に1度の結婚式を素敵な思い出に

ウェディングアイテムとして、席札代わりにも使える「フェイスシールド」や「マスクケース」といったコロナ禍対策の結婚式で使えるアイテムを新発売しているメーカーも。

海外の話にはなりますがブライダル用のマスクも作成されています。

ドレスに合わせパールや刺しゅうなどを施したマスク、制限のある中でも人生に1度の結婚式を素敵な思い出となるようにたくさんの方々が切磋琢磨しています。

コロナを心配するゲストへの配慮

ゲストの皆様へ送る招待状にも安心して出席していただけるよう工夫がされています。

新型コロナウイルス感染症対策のご案内や当日の対策内容を記載、日々状況が変わる中での無理のないご出欠をいただけるように対策カードを入れているようです。

京都エタニティができること

結婚式の準備期間は1年~6ヶ月平均かかるとされています。急な延期や内容の変更など、新郎様新婦様のご負担はかなりのものだと思われます。

私達京都エタニティでは少しでも多くの方が笑顔となるように、延期に関してのご対応や延期の可能性がある上での注文の不安を取り除けるよう案内もしております。LINEやメールでご質問も受付けておりますので、お気軽にご相談ください。

京都エタニティ公式インスタグラム

ホテルウェディング・式場様 提携のお問い合わせはこちら