結婚式のプロフィールムービーで感謝の気持ちを伝える京都エタニティ

結婚式お役立ちブログ詳細

2021/06/20

【プロフィールムービー】読みやすいコメント表示のコツ

【プロフィールムービー】読みやすいコメント表示のコツのイメージ

プロフィールムービーのコメントを決めるとき、どのように決められますか?

新郎様新婦様の生い立ち、二人の出会いがゲストに伝わるように簡潔に分かりやすくまとめられることをオススメします。

というのも、ゲストの皆様はその写真を初めて目にしてコメントを読むため、説明文のような長文のコメントを入れても読みきれず、次の写真に変わってしまうことが多いのです。

読みやすい文字数

写真1枚あたりの表示時間は6秒程。
この6秒で写真を見てコメントを読もうとすると、20文字程度が適切です。

そのため、京都エタニティからお送りしている「制作カルテ」のコメント用紙の欄は限られた枠にしています。
コメントをデータでいただくこともありますが、携帯やパソコンで文字を打っていると気づかない内に文字数がオーバーになっている方もいらっしゃいます。

文字数が多くても画面に収まるように配置することはできますが、その場合、写真・文字を小さくする必要もでてくるため、結局読みづらくなってしまいます。
できる限り文字数が減るようにコメントを考えましょう。

コメントの表示例

京都エタニティにあるムービーで文字数による見え方の違いをお伝えします。
タイプは大きく3つに分けることができます。

文字数による見え方の違い①
写真をフレーム内に入れ、文字と写真を左右で表示するタイプ

こちらのプロフィールムービープランが該当

Official髭男dism「115万キロのフィルム」
Shine -sweet-

などがあります。

文字と写真を左右で表示するため、文字は多く入れることができません。文字数が多いとゲストの方が表示時間内に読みきれないばかりか、フレーム内に収めるために行間を増やしたり狭めたりする必要がでてしまいます。

文字数による見え方の違い②
写真を全面表示して文字を配置するタイプ

こちらのプロフィールムービープランが該当

Aプラン

などがあります。

写真を全面に表示するためコメントは下部や空いている箇所に配置します。そのため文字数が多いと文字が画面を占める割合が多くなり、特に集合写真は人物(顔)をよけて配置するため写真を小さくする必要がでてくることもあります。

文字数による見え方の違い③
文字のみを表示するタイプ

こちらのプロフィールムービープランが該当

藤田麻衣子「手紙~愛するあなたへ~」
本井美帆「ありがとう」

などがあります。

他のタイプとは違い、文字のみを表示するため”写真を見る”という行程がない分、ある程度の文字を入れることができます。しかし、こちらのタイプはメッセージ性の強いプランというのもあり、感謝の気持ちを詰め込みすぎてしまう方も多く、注意が必要です。

※選ばれるムービーによっても文字の入れられる制限が違いますので、ご注文プランの制作カルテをご確認ください。

写真の表示時間目安ムービー

最後に

限られた秒数の中でどのようにメッセージを伝えるか。伝えたい想いはまとめられるものではないかもしれませんが詰め込みすぎて何も伝わらないとならないように、1番伝えたいこと知ってほしいことをムービーにのせて結婚式を笑顔で感動の溢れる時間となれば幸いです。