お問合せ・ご注文はこちらorder

結婚式のプロフィールムービーで感謝の気持ちを伝える京都エタニティのロゴ

BLOG

ブログ詳細

vol.プロフィールムービーを作る時の注意点

2017.5.9

プロフィールムービーを作る時の注意点として、

上映時間が長すぎない事
2人の思い出をたくさんゲストに見せたいと思うと、写真枚数がとても多くなってしまい、上映時間が8分~10分以上になってくると、さすがに見ているゲストの方達も「長いなぁ…」と感じてしまうかもしれません。もちろん、プロフィールムービーの主役は新郎新婦様ですが、ムービーを見てくれるゲストの方達の気持ちも考えて、上映時間は6分以内ほどに収めた方が無難でしょう。
写真のコメントは簡潔に
ゲストの方達に伝えたいとばかりに、写真に載せるコメントの文字数がかなり多くなってしまうと、1枚の写真表示時間(平均5~7秒)で読み切れないばかりか、配置すると写真の顔の部分にかぶってしまうなどの恐れがあります。ですので、写真に載せるコメントはなるべく簡潔にしたほうがゲストの方達も瞬時に理解しやすく、また、写真に対し綺麗な配置が可能となりますので、オススメです。
画質が悪いものや小さい写真は避けたほうがいい
当日プロジェクターで投影する際、液晶画面を通してプロフィールムービーを見るより画質が多少落ちて投影されます。制作した際にすでに画質の悪い写真や小さい写真はより荒れて映る可能性がありますので、なるべく避けてください。

古い記事へ

新しい記事へ